相撲の八百長問題もあり、興味のない人からは、「太った裸のぶつかり合いなんて、やらなくなれば良いのに。」なんて言う人までいます。。

相撲は古くからやっているようだし、国技と言われているのでネットで調べてみました。国技となったのは、明治42年(1909年)。この年に両国国技館が落成されています。


相撲は、日本固有の宗教である神道に基づいた神事であり、日本国内各地で「祭り」として「奉納相撲」が地域住民により、現在も行われている。。健康と力に恵まれた男性が神前にてその力を尽くし、神々に敬意と感謝を示す行為である。。そうです。

「神事相撲」は、農作物の豊凶を占い、五穀豊穣を祈り、神々の加護に感謝するための農耕儀礼であった。。平安時代になると、相撲がすでに宮中の重要な儀式となっている。毎年、定期的に「三度節」の一つとして「相撲節会」が行われ、その規模は壮大で豪華絢爛な催しであったとされる。。そうです。


。。守りたい日本の伝統だと思います。